ゴンドラを運行しているスキー場にも行けるスノボツアー

2018年9月1日 投稿者: admin

割安な料金で楽しめるスノボツアーの魅力

バスで行く事が出来るスノボツアーは、12月から3月までがシーズンとなっていますが、一部商品については4月や5月の大型連休まで利用出来る場合もあります。スノボバスツアーの最大の魅力は、マイカーで行くよりも大幅に割安な料金で行ける事であり、ウェアやスノボセットを持っていない場合は通常の半額以下でレンタルする事も可能です。ツアーで使われているバスは、コンセント付きの車両を導入するケースが増えており、スマートフォン・ゲーム機器の充電器を持参してくれば、往復の道中は退屈する事なく過ごせるでしょう。

日帰りと泊まりから選べるツアー

スノボバスツアーは、深夜発と早朝発の日帰りか、スキー場近くに滞在可能なホテルや民宿を利用する泊まりプランから選ぶ事が可能です。宿泊プランを選んだ場合は、夕食と朝食をいただける事に加えて、宴会プランを活用すれば夕食後に専用スペースで飲酒を楽しむ事も出来ます。学生の場合は、卒業旅行としてもツアーを使えるので、気の置けない仲間を誘って利用してみるのもおすすめします。

なお、深夜発の日帰りプランは、スキー場オープンから15時前後まで滞在出来るメリットがあるので、昼食を挟んで5時間前後は滑れるでしょう。早朝発のプランは、近距離エリアのスキー場の場合に特におすすめであり、10時前後から滑り始める事が出来ます。

ゴンドラにも乗れます

関東発のスノボツアーは、数十のスキー場から選ぶ事が可能であり、機動力のあるゴンドラを運行している長野・新潟のスキー場にも行けるので、長距離コースや雪質の高いコースを楽しむ事が出来ます。

往復新幹線のスノボツアーは、移動時間を短縮する事が出来ますので、帰りの時間が遅くならないメリットがあります。